認知機能強化に対する食事と運動の協調効果

脳は、繰り返される刺激により、その伝達効率が高まっていくことがあります。この可塑性の顕著な能力は、適切な刺激によって増強することができる。

成長する証しは、私たちの日常生活において経験する生活習慣の側面が、脳と病との戦いと挑戦への反応能力を決定できることを示していいます。

例えば、青魚に多いドコサヘキサエン酸(DHA)やターメリック(熱帯ウコン)などの特定種類の食事療法は、シナプス機能を果たす分子システムを刺激することがわかっています。

次に、健康な食事と同様のメカニズムを用いた運動は、年齢に関連する精神的な低下や脳傷害や疾患による機能回復の促進など、脳への治癒効果を示します。

食生活と運動は、神経修復を促進するために使用できる2つの生体にダメージを及ぼさないアプローチである。

オメガ3脂肪酸の最も重要な形態の1つであるドコサヘキサエン酸(DHA)は、その作用が脳構造および機能にとって不可欠であるように、シナプスにおけるシグナル伝達部位におけるニューロン膜の重要な構成要素である。

オメガ3脂肪酸およびターメリック(熱帯ウコン)は、脳由来の神経栄養因(BDNF)のようなシナプス可塑性(繰り返される刺激によりその伝達効率が高まっていくこと)に重要な分子レベルを上昇させ、脳の損傷後の正常な脳機能および回復事象に効果をもたらす。

DHAは、シナプス膜流動性をささえ、遺伝子発現および細胞シグナル伝達を調節することによってニューロン機能を改善することを示唆している。

人がDHAを産生することが難しいため、食物DHAの摂取は、適切なニューロン機能および神経障害に対する耐性を促進するために重要である

DHAがBDNFシステム(脳神経の栄養を高める作用)のようなシナプス機能に関連する分子を増加させ、酸化ストレスを正常化する能力は、脳障害後のDHAの治癒効果にとって重要であるように見える

インド料理でよく使われるスパイス、ターメリック( Curcuma longa )の主要成分であるクルクミンは、インビトロ研究からの実質的な証拠は、クルクミンが抗酸化作用、抗炎症作用を有することを示している

クルクミン・DHAは、進行したアミロイド蓄積を伴うアルツハイマー病マウスの変性した状態を減らし弱めることが示されている

さらに、クルクミンの治癒力の重要な側面は、外傷条件下で破壊されるエネルギー恒常性を正常化する働き(機能)に依存していると思われる。

運動は、年齢とともにくる精神的衰退に対処することから、脳損傷および疾患後の機能回復を促進する。

健康的な食生活と同様、身体活動は、BDNFレベルを増加させ、酸化的ストレスを減少させることによってニューロン機能に有益であり得る。

BDNF(脳神経の栄養)レベルを上昇させる運動は、食事の選択行為と合わさると効果的な補助療法としての可能性が高まる

ラットにおける運動では、飽和脂肪酸(動物性の脂肪)およびスクロース(糖質)の高い食事を消費することによる海馬のBDNFの減少、シナプス可塑性、および認知機能にマイナスの影響を及ぼすことが見出されている。

健康的な食事と運動の組み合わせによる効果は、脳の治癒および可塑性(繰り返される刺激によりその伝達効率が高まる)に対する有益な効果を促進することができる。

出典:PMC  米国国立医学図書館 ・国立衛生研究所
原稿 ニュートラヘルス

アルツハイマー病に関するコンテンツ

熱帯ウコン「赤陽」

  KAMESEの「熱帯ウコン」には、自然栽培物として他に類
  を見ない高濃度のクルクミン類を含有していることが、
  新たなDNAマーカー鑑定法によって実証されています。

  農林水産省、品種登録番号 第21486号