【肺腫瘍消散】喘息気味で摂取していたら、5ミリほどあった肺の腫瘍が消えていた。

今年(平成24年)6月にCOPD(肺気腫・慢性気管支炎)の方に対して摂取体験として「亀世」熱帯ウコンソフト&ハードと[亀世養肺膏]をセットにして特別値引きの体験セールを行った際に、喘息ぎみであった茨城の横井(仮名)さんがこのセットを購入されました。

9月になって、横井さんから「熱帯ミックスウコンソフト」と「熱帯ミックスウコンハード」のご注文をいただいた折、ソフトウコンの在庫が無く、電話にてその件を報告させていただいたところ、「大変うれしいことがありました。

実は、体験セールを摂取してから8月のCT検査で、5ミリほどあった肺の腫瘍が消えて
いた。・・・」という内容でした。

今年3月にCT検査を行った際に、肺に5ミリほどの腫瘍がみつかり、6月に行った検査でも腫瘍はそのままでしたが、8月のCT検査で消えていたとのことです。

電話にてのお話で、抗がん剤治療等をされてみえるなど、それ以上詳しい内容についてはお聞きしていませんが、熱帯ウコンソフトとハードカプセルの組み合わせと合わせて[亀世養肺膏]の摂取が効果的に働いた可能性があるようです。

今年(平成24年)6月にCOPD(肺気腫・慢性気管支炎)の方に対して摂取体験として「亀世」熱帯ウコンソフト&ハードと[亀世養肺膏]をセットにして特別値引きの体験セールを行った際に、喘息ぎみであった茨城の横井(仮名)さんがこのセットを購入されました。

9月になって、横井さんから「熱帯ミックスウコンソフト」と「熱帯ミックスウコンハード」のご注文をいただいた折、ソフトウコンの在庫が無く、電話にてその件を報告させていただいたところ、「大変うれしいことがありました。

実は、体験セールを摂取してから8月のCT検査で、5ミリほどあった肺の腫瘍が消えていた。・・・」という内容でした。

今年3月にCT検査を行った際に、肺に5ミリほどの腫瘍がみつかり、6月に行った検査でも腫瘍はそのままでしたが、8月のCT検査で消えていたとのことです。

電話にてのお話で、抗がん剤治療等をされてみえるなど、それ以上詳しい内容についてはお聞きしていませんが、熱帯ウコンソフトとハードカプセルの組み合わせと合わせて[亀世養肺膏]の摂取が効果的に働いた可能性があるようです。

クルクミンは熱ショックタンパク質(HLJ1)を通じて
肺ガン細胞の浸潤や転移を抑制する。

台湾国立用命大学医学部によって2008年9月に熱ショックタンパク質を通じてスパイス、ターメリックの活性成分であるクルクミンに、ガン細胞の浸潤や転移を阻害することを報告しています。

クルクミン、1~2マイクロモル/Lで処理した人肺腺ガン細胞が細胞遊走、浸潤、転移能が濃度依存的に減少したことが、熱ショックタンパク質と関連していた。

クルクミンによる熱ショックプロテイン(HLJ1)の活性化は、上皮細胞に発現する細胞間接着タンパク質の発現誘発とガン細胞浸潤の抑制につながった。

このことが、末端キナーゼ(JNK)シグナル伝達経路の活性化を介してクルクミンが熱ショックプロテインを誘導するとして、変調上皮細胞に発現する細胞間接着タンパク質の発現による肺ガン細胞の浸潤や転移を抑制するとした。

このことは、新しいメカニズムであり、抗ガン移転治療におけるクルクミンの適用を支持するとしています。


出典 : ウエブサイトPubMed米国国立医学図書館 国立衛生研究所
    「Curcumin inhibits lung cancer cell invasion and metastasis
    through the tumor suppressor HLJ1.」

熱帯ウコン「赤陽」

  KAMESEの「熱帯ウコン」には、自然栽培物として他に類
  を見ない高濃度のクルクミン類を含有していることが、
  新たなDNAマーカー鑑定法によって実証されています。

  農林水産省、品種登録番号 第21486号