オメガ3 EPA・DHAとクルクミンの組合せに目をみはる驚きの相乗効果が機能する

「マウスの生体実験で、膵臓ガン腫瘍体積の減少が72%という驚異的な成果が!」

血液サラサラ成分としておなじみのエイコペンタエン酸(EPA)・ドコサヘキサエン酸(DHA)は、イワシやアジ、サバなどの青魚に多いオメガ3系の不飽和脂肪酸で、動脈硬化を防ぐことが、よく知られるようになってきました。

アザラシを常食とするグリーンランドの原住民イヌイットの人たちは、牛や豚を食べる本国デンマークの人たちより食べる肉の量は多いのに、心臓病や脳卒中が少ないことが知られていました。

調べてみると、イヌイットの人たちはアザラシに豊富に含まれるEPA・DHAの血中濃度が非常に高く、牛や豚といった飽和脂肪酸に多いアラキドン酸が、少ないことがわかりました。このことから、EPA・DHAが動脈硬化を抑制することが示唆され、その後、世界中の研究機関で、さまざまな研究報告がなされるようになりました。

このオメガ3脂肪酸とターメリック(クルクマロンガ)の活性成分クルクミンが組み合わさると驚きの相乗効果があることが2008年にオクラホマ州保健科学総合研究センター・医学部の研究報告で発表されています。

内容は、日本において化学療法による5年生存率がほとんどゼロに近いという膵臓ガンで、オメガ3系のドコサヘキサエン酸(DHA)とクルクミンの組合せによるマウスの生体実験で、腫瘍体積の減少が72%という驚異的な成果が出たことです。

ドコサヘキサエン酸(DHA)やクルクミンは、積極的に脳に影響を与えることができる!

また、2012年にカルフォルニア大学ロサンゼルス校の研究者グループによって脊髄を損傷したラットの歩行能力テストを通じて行われた実験での成果が報告されています。

「通常の老化はしばしば脊髄を圧迫して組織を傷つけ、脊柱管を狭くする。手術は圧力を軽減し、さらなる損傷を防ぐことができますが、それは細胞と神経線維の損傷を修復することはできません。我々は、栄養補給によって脊髄が自分自身を治癒することができるかどうかを探求したいと思いました。」と治験責任医師ラングストンホリー脳神経外科の助教授が述べています。

実験に選んだ理由として、ドコサヘキサエン酸(DHA)は細胞膜への損傷を修復することが示されているオメガ3脂肪酸であることとクルクミンは、以前の研究において組織修復に関連しているという強い抗酸化物質で、 両方とも炎症を抑える働きがあるということです。

『脳や脊髄の仕事を通した長年の研究によってドコサヘキサエン酸(DHA)やクルクミンは、積極的に脳に影響を与えることができることを示している。』と、研究の共著者フェルナンド•ゴメス – ピニージャ神経外科の教授は述べています。

結果として「DHAとクルクミンはラットの神経機能を維持した複数の分子メカニズムを呼び出すようです。このことは食事療法によって変性疾患から身体を保護する上で果たしている役割を理解するための刺激的な最初のステップです。」

そして「我々の調査結果におけるこの食事療法は、病気に関連した変性を最小化し、脊髄への損傷を修復できる可能性を示唆している。」とゴーメッツ教授が結んでいます。

この多価不飽和脂肪酸(DHA・EPA)と組み合わせたクルクミンの低用量でも相乗的な抗炎症効果が発揮されるとラトガースのアーネストマリオスクール、ニュージャージー州立大学、がん予防研究のためのセンターの研究報告で明らかにされています。

「ドコサヘキサエン酸またはエイコペンタエン酸などの多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、炎症性エイコサノイド、サイトカイン、そして活性酸素種(RSO)の産生を減少させることによる強力な抗炎症剤である」

「実験の結果、この多価不飽和脂肪酸(PUFA)とクルクミンの組み合わせによって強力で、しかも非常に低用量でリポ多糖刺激(LPS)誘発プロスタグランジンE2(PGE2)を抑制することができた。」

「この組み合わせはまた、一酸化窒素合成酵素(iNOS)、シクロオキシナーゼ2(COX2)、リポキシナーゼ(5-LOX)、そしてホスホリパーゼA2を抑制、しかもヘムオキシナーゼ(HO-1)を誘導することが見出された。」

「本研究では、明らかにクルクミンと多価不飽和脂肪酸(PUFA)の相乗的な抗炎症性および抗酸化ストレス作用を示している。」と纏められています。

ほとんどの日本人が普段、口にしているリノール酸あるいは牛や豚といった飽和脂肪酸によってつくられるエイコサノイドは炎症性が強く働き、慢性的な病気を発症しやすいため、とりわけCOPD、アトピー(アレルギー)、悪性腫瘍、リュウマチ等の関節炎を患う人にとって、EPA・DHAとクルクミンの組み合わせは、救世主的存在になる可能性を持っています。


DHAまたはEPAと組み合わせたクルクミンとの低用量での相乗的な抗炎症効果。

ソース:がん予防研究のための1センター、薬局、ラトガースのアーネストマリオスクール、ニュージャージー州立大学、ニュージャージー州ピスカタウェイ08854、USA。

要約

炎症反応は、正常な生理学だけでなく癌のような病理学にとっても重要な役割を果たしています。

慢性炎症は、悪性腫瘍と関連しているので、炎症媒介性の新生物腫瘍性形成の促進および進行を防止することが重要です。

例えば一つの可能な介入として、クルクミンのような強力な抗炎症および抗酸化ストレス化合物などのガン化学予防剤を用いて説明する。

ドコサヘキサエン酸(DHA)あるいはエイコペンタエン酸(EPA)などの多価不飽和脂肪酸(PUFA)は、炎症性エイコサノイド、サイトカイン、そして活性酸素種(ROS)の産生を減少させることによる強力な抗炎症剤である。

本研究は、DHAやEPAとクルクミンが、RAW264.7細胞において相乗的な 抗炎症効果をもっているかどうかを調べることを目的としています。

単一と化合物の組み合わせの非毒性濃度を6.12および24時間で調べた。

一酸化窒素(NO)の抑制効果は、24時間で最も顕著であった。

クルクミン5マイクロモルおよびDHAまたはEPAの25マイクロモルの低濃度クルクミンとDHAおよびEPAの全ての組合せは、リポ多糖刺激(LPS)において刺激された一酸化窒素(NO)とNOの内因性レベルを抑制することにおいて相乗効果を有することが見出された。

出典:PubMed 米国国立医学図書館 国立衛生研究所
Synergistic anti-inflammatory effects of low doses of curcumin in combination with polyunsaturated fatty acids: docosahexaenoic acid or eicosapentaenoic acid.

※RAW264.7はマウスの単球性白血病由来の細胞株です。

ドコサヘキサエン酸(DHA)とクルクミンは、損傷後における神経性の機能を維持する 。


「UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究者が、オメガ3脂肪酸とカレースパイスの成分に富んだ食事療法によって、脊髄への損傷を経験したラットにおける歩行能力を維持するのに役立つことを発見した。」


この調査結果が神経細胞の回復と首への変性損傷後に神経性機能を維持すると示唆している。脳神経外科ジャーナル6月26日に公表。

「通常の老化はしばしば脊髄を圧迫して組織を傷つけ、脊柱管を狭くする。手術は圧力を軽減し、さらなる損傷を防ぐことができますが、それは細胞と神経線維の損傷を修復することはできません。我々は、栄養補給によって脊髄が自分自身を治癒することができるかどうかを探求したいと思いました。」

治験責任医師ラングストンホリー、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部のデビッドゲフィン学校で脳神経外科の助教授が述べている。

関節リウマチや骨粗鬆症などの脊椎が弱まる条件を持つ人々で発生する進行性の疾患と55歳以上の人で脊椎関連の歩行問題の最も一般的な原因である頚髄症は、歩行困難、首や腕の痛み、手のしびれ感、四肢の脱力などの神経学的な症状を、無効にする可能性があります。この症状をシミュレートした条件を有するラットの2グループを用意した。

・第一のグループには、飽和脂肪と糖分の高い西洋食を模した給餌ラット飼料を。

・第二のグループは、ドコサヘキサエン酸(DHA)とクルクミン、インドカレースパイスのターメリック(クルクマロンガ、熱帯ウコン)中の化合物を補充した標準食を。

・第三のグループは、標準ラット食を与え、対照群とした。

理由として、ドコサヘキサエン酸(DHA)は細胞膜への損傷を修復することが示されているオメガ3脂肪酸である。

クルクミンは、以前の研究において組織修復に関連しているという強い抗酸化物質です。そして 両方とも炎症を抑える働きがあります。

「脳や脊髄の仕事を通した長年の研究によってDHAやクルクミンは、積極的に脳に影響を与えることができることを示している。」と、研究の共著者フェルナンド•ゴメス – ピニージャ、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の神経外科の教授は述べています。

研究者は、ラットの歩行ベースラインを記録し、動物の足取りを毎週再検査した。

3週目には早くも飽和脂肪と糖分の高い西洋食を食べたラットに歩行の悪化が見られた。

DHAとクルクミンに富んだ食事のグループは実験開始6週間後においても有意に優れた歩行を行った。

次に、科学者は食事療法が、分子レベルで彼らの傷害にどのように影響を与えたか評価するためにラットの脊髄を検査しました。

それぞれの細胞膜の損傷、神経修理および細胞通信連絡に関連している 3 つのマーカーのレベルを測定しました。

飽和脂肪と糖分の高い西洋食を食べたグループのラットは細胞膜の損傷に関連したマーカーが高い値を示した。

それに対して、 DHA およびクルクミンは対照群グループに同等のマーカーレベルを表示した。第 2 グループの傷害の効果を相殺したようです。

神経修復と細胞間コミュニケーションに関連しているマーカーのレベルは、西洋食で育てられたラットで有意に低かった。

「DHAとクルクミンはラットの神経機能を維持した複数の分子メカニズムを呼び出すようです。」

「このことは食事療法によって変性疾患から身体を保護する上で果たしている役割を理解するための刺激的な最初のステップです。」

「我々の調査結果におけるこの食事療法は、病気に関連した変性を最小化し、脊髄への損傷を修復できる可能性を示唆している。」とゴーメッツPinillaが述べています。


ソース: カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ニュースルーム

ターメリック成分とDHA・EPAの組合せによる効果的なコンテンツ

熱帯ウコン「赤陽」

  KAMESEの「熱帯ウコン」には、自然栽培物として他に類
  を見ない高濃度のクルクミン類を含有していることが、
  新たなDNAマーカー鑑定法によって実証されています。

  農林水産省、品種登録番号 第21486号