天然物なのに、ひょっとして最強の抗うつ剤、 安心安全に摂取できるスーパー食品。

【クルクミンの抗うつ活性が、ピペリン効果によって飛躍的に!】

黒コショウ由来の主なるアルカロイド、ピペリンが食品の栄養素の吸収を飛躍的に高める働きがあり、多くのメカニズムを通じて栄養物質を生物学的に利用し、その効能を高める働きが明らかになってきました。

その働きとは、いくつかの酵素が、栄養物質の代謝を担う腸の粘膜のアミノ酸トランスポーターを刺激して細胞から物質の除去を抑制するとともに、それらが機能し続けられるよう腸の活動を緩やかにして体内に入った栄養素がより活性化できるようにします。

これらの作用の結果、栄養物質が細胞に入ると通常の場合より長時間、標的細胞内に留まっている。

ピペリンは、その生物学的利用能と細胞内滞在時間を増やす働きによってわずかに有効な治療物質を非常に有効的なものに変えることができる。

黒コショウとターメリックを合わせて摂取することで、クルクミン及びその類縁体の抗うつ効果が飛躍的に高められ、同時に長時間持続させることができる可能性が示されています。

研究では、クルクミンの抗うつ活性、モノアミン作動性システムへの関与が、クルクミンの生物学的効果の生物学的高揚者としてのピペリン効果によって調査設計されたことがPhychopharmacology「精神薬理学」9月号で、報告された。

研究者は、クルクミンが容量依存的に不動期間を阻害することで、セロトニンを増加させ、モノアミン酸化酵素を阻害するのを見つけた。

化合物は、また、フルオキセチン、ベンラファキシン、(いずれも抗うつ薬:選択的セロトニン再取り込み阻害薬)またはブプロピオン(抗うつ薬:多動症治療薬)のようなさまざまな抗うつ薬のサブ閾値(刺激が小さくて生体に反応の起こらない状態)の容量の抗不動効果を高めた。

クルクミンとさまざまな抗うつ薬のサブ閾下値量の組み合わせは、セロトニンのレベルで相乗的に増加した。

クルクミンとピペリンの併用投与は,薬理学、生化学の増強と神経化学的活動に効果的に作用したことが認められた。

彼らは、この組み合わせが、有用であり天然の有力な抗うつ薬であることが証明されたと結論づけました。

出典
「NaturalNews」
Substance in Black Pepper Increases Nutrient Absorption up to Two Thousand Percent

アルツハイマー病に関するコンテンツ

熱帯ウコン「赤陽」

  KAMESEの「熱帯ウコン」には、自然栽培物として他に類
  を見ない高濃度のクルクミン類を含有していることが、
  新たなDNAマーカー鑑定法によって実証されています。

  農林水産省、品種登録番号 第21486号